ペットシッター・ペットホテル

チワワ

 ペットシッター・ペットホテル…冠婚葬祭、外出、旅行などペットのお世話はどうしますか?
知人に預けるのは気が引けるし、お互いに気を使ってしまいます。そんな時は、ペットシッター,ペットホテルのお世話になります。

 料金はどちらもあまり変わりませんが、ペットシッターの場合、一日2回の訪問になるとペットホテルより高くなります。(交通費が別途かかります。訪問地区により無料もあります) 

 どちらを選ぶかはペットの健康状態性格を考えてから上手に利用しましょう。

ペットシッター

チワワH

 ベビーシッターのペット版。留守の時にペットの給餌・給水・トイレの掃除、散歩などのお世話をしてくれます。シッティング前には入念な打ち合わせをし、ペットとも面談(お世話もあり)ペットとシッターの相性もしっかり調べてくれます。 お世話当日はお世話内容を記入した日記や写真つきメールで報告があるところもあります。

ペットシッターのメリット
家に来てくれるので環境が変わらずストレスを与えない
体調が悪い時はペットホテルに預けられないが、細やかなサービスもお願いできる
ペットホテルとは違った一匹ずつ丁寧なお世話をしてくれます
ペットシッターのデメリット
事前に打ち合せをする必要がある。
家の鍵を預けたり留守中に他人が出入りすることになる。日本ではまだ抵抗がある人が多いようです
基本料金
30分程度の訪問 1,500円
1時間程度の訪問 2,500円
私が頼んだペットシッターさんの料金です。(ご参考までに)
交通費
地区ごとに「訪問可能地区」に記載の交通費が必要

リッキー体験談…まだ子犬でお散歩デビューをする前にペットシッターさんに来てもらいました。知らない人がきた時はビックリして逃げ惑ったらしいです。時間の経過とともに慣れてきて遊んでいただいたとの事。報告書も残していただき後からお電話がありました。写真を撮ったのでHPにアップしていいですか?とのことで、HPを見てみると遊んでいるリッキーの姿がありました。

スポンサードリンク

ペットホテル

チワワH

美容院や動物病院が行っている場合も多い。基本的には健康状態が良くワクチン接種を済ませていないと預けられません。ペットホテルによっては、お散歩のあるところとないところがあります。

ペットホテルのメリット
事前の打合せがいらない。送迎サービスありのところもある
体調が良ければ気軽に預けられる。体調に不安がある場合は動物病院で預かってもらうとよい
ペットホテルのデメリット
環境の変化に敏感な子はストレスを感じてしまう
神経質な子は知らない場所で狭いところに閉じ込められて、安眠できない
基本料金
小型犬 一泊二日 3,150円
フードは持参(送迎無料)
私が頼むペットホテルの料金です。(ご参考までに)

 リッキー体験談…臆病なリッキーは他の犬がいると落ち着かない性格。お店のお姉さんには優しく接してくれるので、すぐに懐いたらしいです。ただ家のトイレでないと落ち着かないので我慢している。一泊2日預けると大体1回オシッコをしただけということでした。

チワワ・大好き|リッキー画像(左)
チワワ・大好き|リッキー画像(中)
チワワ・大好き|花画像(右)
リッキー|メインバナー